クレジットカード現金化

クレジットカード現金化の失敗談

クレジットカード現金化を行っている業者の中には、不正行為などをしている悪徳な業者がいます。悪徳なクレジットカード現金化業者の詐欺の手口はいろいろあり、利用者にはなかなか気付かないやり方で不正行為を行っているのです。

このような悪徳なクレジットカード現金化業者は、グループ形態になって一連の詐欺行為を行っています。

そこで今回の記事では「クレジットカード現金化で気を付けたい失敗談」をまとめていきたいと思います。

クレジットカード現金化を悪用される可能性が!!

クレジットカード現金化には裏技が!!目指せ換金率100%

クレジットカード現金化で実際にあった失敗談

ここからはクレジットカード現金化で実際にあった失敗談を見て行きましょう。

還元率を下げられた失敗談

最初は95%という高還元率だったのに、あれこれ手数料が差し引かれ還元率が下がってしまった…。

業者のサイトに書かれている換金率の情報をよく見てみると、注意書きで「最高換金率」と書かれていることがままあります。

このような場合、弁護士に被害届を出したところであまり効果がありません。(高い手数料を取られたとしても、業者側は嘘をついてはいないことになるので。)

クレジットカード現金化の業者によってはこのような事態が度々行われます。

手数料は別途かかるのか、最終的にどれくらいの金額が振り込まれるのか、しっかりと確認しましょう。

クレジットカード現金化の手数料で騙されない注意点

お金が振り込まれない失敗談

クレジットカード現金化の失敗談として酷い場合は全然お金が振り込まれない事があります。
いつまで経ってもお金が振り込まれないため慌てて連絡を取っても、なしのつぶてで手遅れになってしまうのです。

悪徳業者を利用すると、カード決済をしても現金化した金額を入金せず、そのまま姿をくらましてしまうという詐欺手段が多々あります。

クレジットカード現金化した金額にもよりますが、1〜3万円の少額の被害額の場合は、残念ですが弁護士に相談しても解決してはくれません。

大黒屋はクレジットカード現金化できるの?換金率とリスクとは

後払いで現金化する方法とは?クレカなしでも即日で可能!?

カード情報を盗まれた失敗談

クレジットカード現金化では、安全のために本人確認が必須です。そのため利用の際には、現金化業者に身分証明書を提出しなければいけません。

ただ悪徳業者の場合は、利用者から得た個人情報を悪用して、詐欺グループや闇金に売り渡すことがあります。

もしも自身の個人情報が流出してしまうと、詐欺や闇金のターゲットにされてしまうかもしれません。

クレジットカードの両面コピーを送ってくれといってくることがありますが、絶対にしてはいけません。
大事なカードの情報が知られてしまい、不正使用されてしまいます。
もしカードそのものを送ってこい、もしくはコピーを取って送れと言われたら、悪徳業者だと思ってもいいでしょう。

少額をクレジットカード現金化する方法とは

業者を使わないクレジットカード現金化の方法を伝授!

架空請求、スパムメールがきた失敗談

カード現金化は特に問題無く利用できたものの、利用後におかしな現象が起きてしまう事が多々あります。
例えば架空請求やスパムメールです。

免許証やマイナンバーカードといった身分証明書には、名前や住所、生年月日など個人を特定する情報が記載されていますよね?

詐欺業者に引っ掛かると買い取られた個人情報は、ヤミ金などの勧誘電話やダイレクトメール送付に利用されます。

それらを利用しないとしても、突然増える連絡やDMに不安を煽られることが考えられます。求められる提出書類が正規の内容であったとしても、それだけでは安心することができないのです。

実際にあったクレジットカード現金化の詐欺被害

振込を分けてすると持ちかけられた失敗談

詐欺現金化業者も手口が巧妙化して、どうにか利用者に信じ込ませて詐欺に気付くのを遅らせようとします。

初めての利用の場合、振込を2回に分けますと言われたらどう思うでしょうか?特にそのこと自体に怪しいと思う人はあまりいないでしょう。

しかも最初にいくらか振り込まれれば、この業者は確実に現金化してくれるところだと信じてしまいます。

しかし詐欺業者であれば2回目の振込は絶対にせず、連絡も取れなくなります。
1回目の振込があったため詐欺に気付くのが遅く、気付いたときには手遅れになってしまうのです。

クレカ現金化が違法になる瞬間を大暴露【該当してない?】

クレジットカード現金化が安全に行える優良店はコチラ!

クレジットカード現金化で失敗しない3つのポイント

クレジットカード現金化で失敗しないためには、業者をポイントごとに比較することが重要です。

こちらのポイントから現金化業者を比較すれば安全な優良店をカンタンに選ぶことができるので、現金化業者を選ぶときはこちらのポイントを参考にしてみてください。

失敗を防ぐために現金化の方法から選ぶ

クレジットカード現金化には商品買取方式とキャッシュバック方式の2種類があります。そして、この2つの方法で安全性が圧倒的に高いのはキャッシュバック方式です。

逆に商品買取方式では、カードの利用停止などのトラブルが発生する可能性が高くなっています。

現金化業者を選ぶときは、危険性の高い商品買取方式ではなく、キャッシュバック方式の現金化業者を選ぶように注意しましょう。

現金堂は換金率98%って嘘・本当【現金堂の口コミを暴露】

現金堂の口コミを暴露【換金率98%の嘘・本当】

失敗を防ぐために創業年数を確認する

現金化業者を選ぶときに、創業年数は重要な情報です。というのも、クレジットカード現金化の悪質業者は詐欺をおこない消費者からお金を騙し取ります。

そのため、口コミ評判で悪名が広まりやすく、短いスパンでサイトを作り直すため、総合年数が短いことがほとんどなのです。

逆に、創業年数の長い業者であればそういった詐欺をおこなう業者ではありませんし、長く営業を続けている=多くの方が利用しているということになりますので、優良店であることが多いです。

このことから考えても業者選びに創業年数は確認すべきポイントと言えるでしょう。

会社概要の情報が多く記載されているほど、悪質業者の危険性は下がります。

  • 会社名
  • 責任者名
  • 住所

会社概要の中でもこの3つの情報を記載していない業者や画像での表示をしている業者には注意が必要です。

失敗を防ぐために口コミから評判を探る

クレジットカード現金化では業者が表記する換金率はウソであることがほとんどです。そのため、サイト内の表記からは実際に取引内容を知ることはできません。

ですが、実際にその業者で現金化をしたことのある方の口コミであれば真実の契約内容を知ることが可能です。

  • 換金率
  • スピード
  • 接客対応

このような情報を知ることができるので、業者を選ぶときは口コミでの評判も一緒に確認するのがオススメです。

失敗しないクレジットカード現金化の選び方(まとめ)

クレジットカード現金化にはさまざまな業者がいるので、失敗しないためにも業者の選び方を知っておかなくてはなりません。

また、業者を選ぶだけではなく、悪質業者を見極めることも大切なので、こちらの記事でご紹介したポイントを元に安全な現金化業者を選んでくださいね。